【肉汁たっぷり】金沢で餃子、点心などおいしい餃子・点心が味わえるお店8選

【餃子派?小籠包派?それとも焼売派?】金沢で餃子、点心などおいしい餃子・点心のお店を8件掲載しています。金沢で「おしゃれな餃子バルに行ってみたい!」「肉汁たっぷりの小籠包を食べたい!」という声にお応えするおすすめの店をまとめました。このエリアは、金沢駅、東金沢駅、森本駅、西金沢駅、野町駅、北鉄金沢駅、額住宅前駅、西泉駅、乙丸駅、四十万駅からのアクセスが便利です。

1. 菜香厨房 金沢店

手作り 本場を知る料理人手作りの焼き餃子

皆様に「来て良かった!」と言って頂けるよう、ほぼ全てのお料理を手作りにてご提供致します!! 中でも本場中国の点心師が皮から餡まで、一から作る点心は自慢の逸品。ご来店の際は是非!!

  • 住所

    石川県金沢市片町2-21-27 オーロラビル1F  地図を見る
    JR北陸本線 金沢駅 兼六園口(東口) 車10分

2. 美酒楽園 全開口笑

餃子 【名物】皮から手づくり『全笑餃子』

先代の「珍香楼」創業から変わらぬ昔ながらのスタイルが魅力的!カリッと、そしてフワッと。口どけもよくなくなってしまうという、この繰り返しの妙がなんともたまらず、やみつきになります。

  • 住所

    石川県金沢市柿木畠5-7  地図を見る
    JR北陸本線 金沢駅 兼六園口(東口) 車15分

3. 餃子の店 ちゃおず

餃子 にんにく抜きのパリパリ餃子

においを気にせず、気軽にお楽しみ頂けるちゃおずの餃子!にんにく抜きだから、営業職のランチタイムにもぴったりです♪パリパリ羽付き餃子を是非、ご賞味ください!! <餃子 7ヶ・・240円(税込)>

  • 住所

    石川県金沢市黒田1-59  地図を見る
    JR北陸本線 西金沢駅 車5分

4. 海鮮火鍋&広東料理 菜香樓 本館

点心 セイロから立ち上る湯気もご馳走!

「小龍包」「海老入り蒸し餃子」などの点心は、皮から全て手作りし、それぞれの具材に合うよう工夫。中でも人気の「小龍包」は、ショウガ風味のスープであっさりとした味わいです。加えて餃子や春巻、餃子など、点心もいろいろな種類を堪能できます。セイロから湯気が立ち上る、蒸したてのホカホカをどうぞ。

  • 住所

    石川県金沢市西念3-15-21  地図を見る
    JR北陸本線 金沢駅 金沢港口(西口) 車5分

5. パリキング

餃子 バリエーション豊富な餃子!

当店ではベーシックな焼餃子だけでなく、チーズ餃子、ネギ塩餃子、しょうが餃子などの様々なアレンジを加えた全12種類の餃子を楽しむことができます。 色々と食べ比べていただき、ぜひお客様のお気に入り餃子を見つけてください♪

  • 住所

    石川県金沢市片町2-1-13  地図を見る
    JR北陸本線 金沢駅 兼六園口(東口) 車10分

6. 菜香樓 金沢百番街店

手作り 点心一つ一つはすべて職人の手作り!

広東料理では『いかに素材の持ち味を引き出すか』ここに料理人の経験と感性からくる技の全てが注がれます。菜香樓でも、美味しさの為には時間や手間を惜しみません。ご提供する点心・飲茶・自家製麺は全て本場中国人の職人が手作り♪モチモチとした食感と溢れるアンの旨み、シコシコとした麺の食感を存分にご堪能下さい。

  • 住所

    石川県金沢市木ノ新保町1-1 百番街おみやげ館内  地図を見る
    JR北陸本線 金沢駅 徒歩1分

7. 菜香樓 エムザ店

点心 セイロから立ち上る湯気もご馳走

当店でご提供する点心・飲茶・麺は全て本場中国人の職人が手作りしております。皮から全て手作りし、それぞれの具材に合うよう工夫。モチモチとした食感と溢れるアンの旨み、シコシコとした麺の食感を存分にご堪能下さい。セイロから湯気が立ち上る、蒸したてのホカホカをどうぞ。

  • 住所

    石川県金沢市武蔵町15-1 めいてつエムザB1  地図を見る
    JR北陸本線 金沢駅 兼六園口(東口) 徒歩8分

8. 中国広東料理 金鼎樓(きんていろう)

飲茶 飲茶や点心にメニューも豊富にご用意

セイロを開けた瞬間の香りと、ジュワッとあふれ出す肉汁の旨味がたまらない焼売。また、小籠包も人気メニューの1つ。箸を入れたとたんに熱々のスープが溢れ出します!素材の旨味を凝縮したスープは体に染み渡る美味しさです。食材本来の美味しさをじっくりとご堪能ください!餃子や春巻きもご一緒にどうぞ♪

  • 住所

    石川県金沢市示野町ト408-3  地図を見る
    JR北陸本線 金沢駅 西口 車10分

点心好きなら知っておきたいキーワード

小籠包

【ジュワーと溢れ出すスープに舌鼓!】中華料理の点心のひとつ。豚の挽肉などで作った餡とゼリー状になった煮凝りを薄い小麦粉の皮で包み、せいろ蒸ししたもの。蒸すことで旨みが溶け出すため、食べるときに熱々のスープが溢れる。職人は小籠包が空洞でペシャンコにならないためにも餡をいっぱい詰めるなど工夫している。

※ご注意事項 コンテンツは、ぐるなび加盟店より提供された店舗情報を再構成して制作しております。掲載時の情報のため、ご利用の際は、各店舗の最新情報をご確認くださいますようお願い申し上げます。

PAGE TOP