新潟市中央区で手打ちそば、へぎ蕎麦など美味しい麺料理の人気店9選

新潟市中央区で手打ちそば、へぎ蕎麦、十割そばなど、麺が食べたいと思っているあなたにとっておきの、オススメの麺料理のお店を9件掲載しています。新潟市中央区で「今日のランチはうどんが食べたい!」「行列に並んでも美味しい蕎麦が食べたい!」と思っているあなたにピッタリな、人気のお店をまとめました。

1. 旨辛つけ蕎麦 満まる 新潟万代店

そば こだわりの蕎麦を新スタイルで提供

お肉を中心のたっぷりの具をコシのある蕎麦と一緒に、旨辛つけだれにからませてお召し上がりください。蕎麦の量は小盛から大盛までご用意しております。

  • 住所

    新潟県新潟市中央区弁天2-4-2  地図を見る
    JR 新潟駅 徒歩7分

2. きやり 新潟店

そば 新潟県産そば

新潟県村上市大須戸産の蕎麦粉を使用した二八蕎麦 江戸時代後期より「大須戸能」が伝承される地区は、家々の周りから水の音がする自然豊かな集落です。その地区で収穫される「秋そば」は、薫り高く味わいもふっくらと甘い蕎麦になっております。 地元新潟県産の蕎麦をご堪能下さい。

  • 住所

    新潟県新潟市中央区花園1-1-21 COCOLO南館3F  地図を見る
    JR 新潟駅 徒歩1分

3. にいがた 古町 薮蕎麦‐やぶそば‐

手打ちそば 細切りの手打ち麺

割粉2割でつないだ江戸前のニ八そばをご提供。 そば粉は、その時期ごとに最もおいしいと思われる国産のものを厳選し、製粉所で石臼挽きし丁寧にブレンドして使用しています。モチモチの食感とツルっとした喉越しが味わえます。

  • 住所

    新潟県新潟市中央区古町通8-1490  地図を見る
    JR 新潟駅 万代口 車10分

4. 無尽蔵 花園家

ラーメン 常に美味しいラーメンを求めて!

美味しい麺のために美味しいスープを作り、もっともっと美味しいラーメンを! 探究心・向上心を常に持ち、進化し続けるラーメンをご提供したいと思っています!

  • 住所

    新潟県新潟市中央区花園1-2-2 コープシティ花園GARESSO1F  地図を見る
    JR 新潟駅 徒歩2分

5. 三代目麺屋 小松家 ~極煮干油そば~

極太卵麺 【混ぜる】を追及した極上の一杯

当店自慢の極煮干油そばは【混ぜる】を追及した極上の一杯 国産小麦麺と卵麺の2種類極太麺が一度に味わえます。

  • 住所

    新潟県新潟市中央区三和町6-11  地図を見る
    JR 新潟駅 徒歩17分

6. ラーメン山岡家 新潟新和店

極太ストレート麺

山岡家の麺は、太麺。表面はソフトでありながら、芯が強く、小麦の香りがする特製中華麺を使用しています。 この麺を支えるのは、厳選された小麦と、毎日の気温や湿度などに合わせて製造方法を変えて作る職人技。 この麺だからこそ、濃厚スープの中にあっても、決して負けないバランスのとれたラーメンになるのです。

  • 住所

    新潟県新潟市中央区新和1-5-37  地図を見る
    JR 新潟駅 徒歩33分

7. 須坂屋そば 駅前店

へぎ蕎麦 へぎそば

「へぎ」と呼ばれる四角い器に一口分の冷たいそばを並べて盛り付けられたものです。そばのつなぎに海藻の布海苔(ふのり)を使っており、腰が強く喉越しが良いのが特徴です。

  • 住所

    新潟県新潟市中央区弁天1-4-29  地図を見る
    JR 新潟駅 万代口 徒歩4分

8.

そば こだわりの手打ち蕎麦

会津山都町産の蕎麦粉のみを使った十割蕎麦です。本枯節でとった出汁に2週間以上ねかせた返しを加えて作るつゆは辛口で、〆にピッタリです。本わさびの他、季節によっては秋田の辛味大根もありますので、是非お試しください。あくまで〆の一品です。「蕎麦屋」ではなく、「居酒屋」ですのでご注意ください。

  • 住所

    新潟県新潟市中央区東堀通9番町1402-2 イーストモート1  地図を見る
    JR 新潟駅 徒歩28分

9. 十割そばと自家製燻製 ばいたりや

十割そば 細打十割そば

福島西会津山都産と埼玉三芳産のそば粉を生産農家より直送で仕入れています。 毎日その日の分だけおそばを作っていますので、作りたての美味しいおそばをお召し上がりいただけます。皆様の十割そばの概念を覆すおそばです。

  • 住所

    新潟県新潟市中央区東大通2-10-4 加正ビル1F  地図を見る
    JR 新潟駅 万代口 徒歩7分

麺のまめ知識

ざるそば

竹のせいろにのせて供される冷たい蕎麦。江戸時代中期、深川にあった蕎麦屋「伊勢屋」が、竹ざるに蕎麦を盛って出したのがはじまりとされます。昔は、もりそばのつけ汁よりもみりんを増やし、コクのある「ざる汁」に仕立てていたと伝えられるが、現在では、海苔をかけたものを「ざる」、海苔なしを「もり」とする呼び方が定着。

※ご注意事項 コンテンツは、ぐるなび加盟店より提供された店舗情報を再構成して制作しております。掲載時の情報のため、ご利用の際は、各店舗の最新情報をご確認くださいますようお願い申し上げます。

PAGE TOP