水道橋で新鮮で美味しい刺身が味わえるお店5選

水道橋で新鮮な魚貝をお刺身で味わいたいあなたにオススメのお店を5件掲載しています。水道橋で「旬の魚と日本酒で1杯やりたい!」「捌きたての活きの良い魚が食べたい!」など、鮮度にこだわる海鮮料理店をお探しのあなたにピッタリな人気のお店をまとめました。このエリアは、水道橋駅、後楽園駅からのアクセスが便利です。

1. 魚升

新鮮魚介 沖ノ島直送の鮮魚

四国最南端に浮かぶ人口200人程の小さな島、ここの海域は、黒潮本流からののぼり潮と、瀬戸内の海流、宿毛湾に流れ込む清流が出会う肥大な海域です。ここでは、「魚のゆりかご」と言われるほど多様な魚が揚がります。魚升では、無駄な流通を一切省き、沖ノ島の漁師さんから店舗まで直送してもらいます

  • 住所

    東京都千代田区三崎町2-21-11 ゑびすビル1F  地図を見る
    JR総武線 水道橋駅 徒歩1分

  • 営業時間

    月~金
    ランチ 11:30~14:00

    月~日
    ディナー 17:00~23:30
    (L.O.23:00、ドリンクL.O.23:15)

  • 定休日

    年中無休

  • 平均予算

    2,500円(通常平均)

2. マグロバル×個室 季作 水道橋駅前総本店

まぐろ 【必食!!】もちもちマグロ!!

独自の仕入れ方法により実現した『もちもちマグロ』。旨味が完全に閉じ込められた、もっちりとした食感と甘みがとても美味しい“もちもちマグロ”を使った逸品を多数ご用意した尾鷲フェアを開催いたしております!!ぜひご賞味下さい!!

  • 住所

    東京都千代田区三崎町2-8-7 中林ビル1F  地図を見る
    JR中央線 水道橋駅 東口 徒歩1分

  • 営業時間

    ディナー 17:00~24:00
    (L.O.23:30)
    ランチ 12:00~15:00

  • 定休日

    年中無休

  • 平均予算

    498円(通常平均)

    3,000円(宴会平均)

    1,000円(ランチ平均)

3. 海鮮 さば鉄

直送新鮮魚介 愛媛松山直送「朝獲れ鮮魚」

松山の海は穏やかな瀬戸内と豊後水道など豊富な潮に囲まれた漁師町 ここ、愛媛松山の目利き人が午前2時から起きてセリに行き、上質の魚のみを厳選、即空輸、 当日お昼には極上の地魚が当店に届きます塩分濃度が濃いといわれる瀬戸内海は白身の味が違います

  • 住所

    東京都千代田区三崎町2-16-4 堀越ビル1F  地図を見る
    JR中央線 水道橋駅 西口 徒歩3分

  • 営業時間

    17:00~23:30

  • 定休日

    日曜日
    祝日

  • 平均予算

    4,000円(通常平均)

    4,000円(宴会平均)

4. 膳菜や 水道橋店

新鮮魚介 贅沢な空間で贅沢な新鮮魚貝を楽しむ

贅沢な気分が味わえる「都会風居酒屋」膳菜やで、お客様に満足していただくために魚貝類は築地より直送しています。鮮度の良さはもちろん、リーズナブルな価格で本物の「料理」と「空間」をお楽しみいただけます。お刺身盛り合わせから、魚介の漁焼き盛り合わせなどコースも充実しておりますので、是非ご来店ください。

  • 住所

    東京都千代田区三崎町2-9-2 鶴屋ビルB1  地図を見る
    JR 水道橋駅 徒歩1分

  • 営業時間

    月~金
    夜の部 17:00~24:00
    (L.O.23:00)

    土・日・祝
    17:00~23:00
    (L.O.22:30)

    月~土
    昼の部 11:30~14:00

  • 定休日

    お盆・年末年始(12/31~1/3)

  • 平均予算

    3,500円(通常平均)

    2,300円(宴会平均)

    850円(ランチ平均)

5. 向日葵

新鮮魚介 旬魚を薄造り、湯引き、刺身で。

今日1番美味しい魚を丁寧に素早くおろします。そしてそれぞれ薄造りか、湯引きか霜降りか・・と1番美味しい食べ方でお客様にお出しする事を心がけております。

  • 住所

    東京都千代田区三崎町2-12-9 三崎町大信ビル1F  地図を見る
    JR 水道橋駅 徒歩3分

  • 営業時間

    月~金
    17:00~24:00


    17:00~22:00

  • 定休日

    日曜日
    祝日

  • 平均予算

    4,500円(通常平均)

    5,000円(宴会平均)

お刺身のアレコレ

お造り

生の魚介類を食べやすい大きさに切った料理。いわゆる「刺身」と同義語。武家社会では「切る」という表現が忌み言葉として嫌われたため、関東では「刺身」、関西では「お造り」と呼ばれるようになったといわれています。鯛の松皮造りや昆布〆など、調理や盛り付けに凝った会席料理のメニューでは「お造り」と呼ばれることが多いです。

※ご注意事項 本コンテンツは加盟店が提供した情報に基づいて、行われています。ご利用の際には、最新の情報を加盟店に確認の上、ご利用ください。

PAGE TOP