浅草で十割そば、手打ちそばなど美味しい麺料理の人気店11選

浅草で十割そば、手打ちそば、醤油ラーメン、フォーなど、麺が食べたいと思っているあなたにとっておきの、オススメの麺料理のお店を11件掲載しています。浅草で「今日のランチはうどんが食べたい!」「行列に並んでも美味しい蕎麦が食べたい!」と思っているあなたにピッタリな、人気のお店をまとめました。このエリアは、浅草駅、蔵前駅、田原町駅、本所吾妻橋駅、新御徒町駅からのアクセスが便利です。

1. 浅草隊

ラーメン 浅草で本格家系ラーメン!

麺の固さ、味の濃さ等も選べます! ライスはいつでも無料!おかわり自由! 生ビールも300円!! ぎょうざも3個160円~。 浅草での飲み帰り、観光の際は、是非お立ち寄りください♪

  • 住所

    東京都台東区雷門2-19-13 助六ビル1F  地図を見る
    地下鉄銀座線 浅草駅 2番出口 徒歩1分

4. クロープクルア

フォー こだわりの麺料理が満載!!

おなじみのフォー、パッタイ、トムヤムクンスープヌードルなど、人気のライス麺も充実! 他、チェンマイ名物 カオソイなど本場の味を是非ご堪能ください!!

  • 住所

    東京都台東区浅草1-33-4 斉藤ビル2F  地図を見る
    地下鉄銀座線 浅草駅 1番出口 徒歩3分

5. ぬちぐすい 浅草

沖縄そば(ソーキそば) 「無化調」素材にこだわるソーキそば

1 化学調味料をいっさいつかわず店内で丁寧につくったスープ 2 沖縄黒豚あぐーのそーきをじっくりととろとろに煮込みました。 3 もちもちの生めんを使用 4 豚出汁にはすべてあぐー豚(ちまぐー、背脂) 鳥出汁はくだいた脚など 魚介出汁はすべて築地から材料にこだわります。

  • 住所

    東京都台東区浅草1-20-5  地図を見る
    地下鉄銀座線 浅草駅 徒歩1分

6. 朝〆鴨料理 蕎麦前つるぎ 浅草店

十割そば 国産そば粉を使用した十割蕎麦

蕎麦前つるぎの十割蕎麦は季節ごとに旬を迎える全国各地の最良のそば粉と国産の天然軟水のみを使用しております。打ち立て・茹でたてでしか味わえない蕎麦本来の<香り><コシ><のど越し>をお楽しみ頂けます。

  • 住所

    東京都台東区浅草1-1-17 増田ビルB1  地図を見る
    地下鉄銀座線 浅草駅 徒歩1分

7. 手打ちそば なお太

そば打ち 【北海道産のそば粉を使用】

北海道産のそば粉を使用し、毎日丹精込めてお作りしています! 麺はみずみずしくコシがありが絶品です♪ 来店の際は、是非ご賞味下さい!!

  • 住所

    東京都台東区浅草3-21-3 シャンポール花岡1F  地図を見る
    つくばエクスプレス 浅草駅 A1番出口 徒歩7分

8. 丹想庵 健次郎

そば打ち 丹想庵 健次郎、こだわりの蕎麦

当店は素材にこだわり、産地は季節最良の国内産。最上級玄そばを石臼挽全工程にて手打ちで仕上げております。

  • 住所

    東京都台東区浅草3-35-3  地図を見る
    つくばエクスプレス 浅草駅 1番出口 徒歩5分

9. 山介

手打ちそば 〆の手打ち蕎麦

コースの〆としてお出ししている手打ち蕎麦。毎日その日の気温や湿度の具合で打ち方を変え、蕎麦の実が持つ本来の香りや味が出るよう心がけています。せいろや粗挽き挽きぐるみの黒そば、さらには熟成そばも楽しめます。お客様でファンも多い当店人気の一品です。

  • 住所

    東京都墨田区東駒形3-20-6 1F  地図を見る
    都営浅草線 本所吾妻橋駅 A0番出口 徒歩1分

10. 手打ちそば 十和田

手打ちそば 十和田湖周辺の蕎麦粉を毎日直送

素材の吟味は厳しく、蕎麦粉は十和田湖周辺の山岳地方で契約栽培したものを、毎日東京に運んでいます。秋田・青森・岩手の十和田湖周辺の3県をまたぎ、契約している製粉所から直送しています。毎日打ちたてのこだわりのお蕎麦。化学調味料や添加物などを一切使わず、贅沢に本鰹節のみ使用した、自家製つゆでどうぞ!

  • 住所

    東京都台東区浅草1-13-4 1・2F  地図を見る
    つくばエクスプレス 浅草駅 徒歩3分

11. 濃厚鶏麺ゆきかげ

ラーメン ◆濃厚な鶏白湯スープ◆

新鮮な国産鶏だけを長い時間炊き上げた、ゆきかげこだわりのスープがここに完成・・・!!! たっぷりのコラーゲンと鶏の旨みがつまっています◎

  • 住所

    東京都台東区浅草1-2-12  地図を見る
    都営浅草線 浅草駅 1番出口 徒歩1分

麺のまめ知識

ざるそば

竹のせいろにのせて供される冷たい蕎麦。江戸時代中期、深川にあった蕎麦屋「伊勢屋」が、竹ざるに蕎麦を盛って出したのがはじまりとされます。昔は、もりそばのつけ汁よりもみりんを増やし、コクのある「ざる汁」に仕立てていたと伝えられるが、現在では、海苔をかけたものを「ざる」、海苔なしを「もり」とする呼び方が定着。

※ご注意事項 コンテンツは、ぐるなび加盟店より提供された店舗情報を再構成して制作しております。掲載時の情報のため、ご利用の際は、各店舗の最新情報をご確認くださいますようお願い申し上げます。

PAGE TOP