【大阪】中華料理で話題・人気のお店まとめ

大阪で中華料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。中華料理好きなら必見!餃子・点心、四川料理などのまとめが40件掲載されています。人気上位のまとめは、「心斎橋の焼き小籠包、点心など中華が美味しいお店まとめ」、「上本町の北京料理、点心など中華が美味しいお店まとめ」、「本町・堺筋本町の北京ダック、広東料理など中華が美味しいお店まとめ」などです。

中華料理の気になるワード

  • 紹興酒

    中国浙江省の紹興市で造られる、もち米と麦麹を原料とした醸造酒。ワイン・純米吟醸酒と共に世界三大美酒として親しまれる。油が多くこってりした中華料理と合う、芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴。本場中国では常温のストレートで飲まれることが多いが、独特の風味が苦手な方は、燗にして砂糖を入れて飲むのがお勧め。

  • 宇都宮餃子

    宇都宮市を代表するご当地グルメ。戦後、旧満州からの引き揚げ者が本場の餃子の製法を持ち込み、広まったと言われている。宇都宮餃子は、白菜など野菜をたっぷり使用しており、さっぱりと食べられることが特徴。市内には200店以上の餃子店があり、ルーツと言われている「宇都宮みんみん」は多くの観光客が押し寄せることで有名。

  • 北京ダック

    炉の中でパリパリに焼いたアヒルの皮を削ぎ切りにし、小麦粉で焼いた皮に、ネギやきゅうり、テンメンジャン(中華の甘味噌)と共に包んで食べる料理のこと。北京ダックの独特のツヤと皮のカリカリ感は、水飴を水に溶いて塗り、炉に吊るして焼き上げることで出来上がる。コース料理の場合は残った肉の部位を別の料理にして食べることも。

  • 担担麺

    中国・四川料理の「肉そば」といえば担担麺。辛味にもバラエティがあり、近頃はストレートな辛味の唐辛子&花椒ベースの「麻辣(マーラー)系」が人気。マイルドな「芝麻(チーマー)系」は、辛さの奥にふくよかな甘みもある豆板醤と、ゴマのまろやかさが決め手。本場四川では、スープを使わない汁なし担担麺が本流という話も。