【京都】和食で話題・人気のお店まとめ

京都で和食をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。和食好きなら必見!会席料理、日本料理、寿司などのまとめが22件掲載されています。人気上位のまとめは、「厳選!木屋町・先斗町のミニ懐石、創作懐石料理などデート・接待にも使える日本料理のお店」、「京都駅で創作京料理、創作和食など「和食」が美味しい人気店」、「厳選!京都駅のミニ懐石、湯葉料理などデート・接待にも使える日本料理のお店」などです。

おすすめまとめエリア

【京都】和食のまとめをすべて見る

和食の気になるワード

  • 本マグロ

    まぐろの種類の中でも最も大型で、肉質がよく、値段も高い。天然ものでは青森県大間産の本まぐろが最高峰とされるが、近年は外国産の本まぐろも多く輸入されている。他の種類のまぐろに比べて脂ののりがよく、大トロから中トロ、トロ、赤身まで、部位ごとに大きく異なったおいしさを味わえるのも、本まぐろならでは。

  • 加賀料理

    石川県金沢市を中心とする加賀地方に伝わる郷土料理。恵まれた自然条件と、加賀藩の城下町ならではの雅な調理技法により、独特の洗練された食文化が育まれた。料理にはニシンや昆布、麩など北前船で運ばれてきた京風の食材が多い。色鮮やかな漆器など凝った器を使うのが特長。鴨肉、加賀麩、野菜を炊き合わせた「治部煮」が有名である。

  • 懐石料理

    お茶を出す前に供される、腹を満たすための軽い食事のこと。茶道の基礎を作った千利休がお茶をおいしく味わうために始めたと言われています。その料理は、旬の食材を山のもの、海のものなどバランスよく取り入れる、素材の持ち味を生かす、おもてなしの心で調理するなどの決まりがある。現代では高級料理全般を懐石と呼ぶことも多い。

  • モダン焼き

    関西発の焼きそば入りお好み焼きのこと。生地で焼きそばをサンドするタイプ、焼きそばを生地の下に敷くタイプの2つがある。広島風とよく混同されるが、広島風は生地を薄いクレープのように広げて焼き、その上に具をのせて層を作っていく点がモダン焼きとは異なる。名前の由来は諸説あるが、今までにない、現代風という意味で「モダン焼き」としたという説が有力。

和食のまとめを都道府県から探す