【京都】和食で話題・人気のお店まとめ

京都で和食をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。和食好きなら必見!日本料理、会席料理、寿司などのまとめが24件掲載されています。人気上位のまとめは、「京都駅で創作京料理、創作和食など「和食」が美味しい人気店」、「厳選!京都駅のミニ懐石、湯葉料理などデート・接待にも使える日本料理のお店」、「四条烏丸・烏丸御池で創作和食、真鯛釜めしなど「和食」が美味しい人気店」などです。

おすすめまとめエリア

【京都】和食のまとめをすべて見る

和食の気になるワード

  • 会席料理

    旅館やホテル、料亭などで供される和風フルコース。宴会用の料理として発展し、茶席の料理として生まれた懐石料理よりも華やかに仕立てられる傾向。お酒と一緒に食べることを前提に組み立てられており、料理も「先付」「前菜」などの酒肴に始まって、「向付(刺身)」「鉢魚(焼き物)」「強肴(煮物)」と進み、ご飯が最後に登場するのが一般的です。

  • モダン焼き

    関西発の焼きそば入りお好み焼きのこと。生地で焼きそばをサンドするタイプ、焼きそばを生地の下に敷くタイプの2つがある。広島風とよく混同されるが、広島風は生地を薄いクレープのように広げて焼き、その上に具をのせて層を作っていく点がモダン焼きとは異なる。名前の由来は諸説あるが、今までにない、現代風という意味で「モダン焼き」としたという説が有力。

  • 懐石料理

    お茶を出す前に供される、腹を満たすための軽い食事のこと。茶道の基礎を作った千利休がお茶をおいしく味わうために始めたと言われています。その料理は、旬の食材を山のもの、海のものなどバランスよく取り入れる、素材の持ち味を生かす、おもてなしの心で調理するなどの決まりがある。現代では高級料理全般を懐石と呼ぶことも多い。

  • 広島風お好み焼き

    具と生地を混ぜてから焼く「混ぜ焼き」の関西風お好み焼きに対して、「広島風」は小麦粉を水で溶いて薄く焼いた生地の上に、千切りにしたたっぷりのキャベツに豚肉、そば、割り広げた卵などを重ねて焼く“重ね焼き“にする。層になった具材を鉄板の熱を利用してじっくり「蒸し焼き」にすることで、キャベツの甘味を引き出し、素材の味や食感を高めるのが特徴。

和食のまとめを都道府県から探す