【東京】和食で話題・人気のお店まとめ

東京で和食をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。和食好きなら必見!日本料理、寿司、会席料理などのまとめが184件掲載されています。人気上位のまとめは、「【絶品】上野で一度は立ち寄りたいおすすめの寿司店」、「【絶品】新宿で一度は立ち寄りたいおすすめの寿司店」、「【絶品】神田で一度は立ち寄りたいおすすめの寿司店」などです。

和食の気になるワード

  • 京野菜

    京都府内で明治時代以前から栽培された歴史をもつ野菜のこと。京都府が認定する「京の伝統野菜」、農協や流通団体が中心となって選定する「ブランド京野菜」などの指定制度がある。聖護院大根、海老いも、すぐき菜、九条ねぎ、金時人参などが代表的。おせちをはじめ、京都の伝統料理や割烹料理に使われる。

  • 懐石料理

    お茶を出す前に供される、腹を満たすための軽い食事のこと。茶道の基礎を作った千利休がお茶をおいしく味わうために始めたと言われています。その料理は、旬の食材を山のもの、海のものなどバランスよく取り入れる、素材の持ち味を生かす、おもてなしの心で調理するなどの決まりがある。現代では高級料理全般を懐石と呼ぶことも多い。

  • 出し巻き卵

    溶き卵を出汁で割り、調味料を加えて筒状に焼き固める卵料理。関西が発祥で、関東風の厚焼き卵より卵液に占めるだしの割合が多く、砂糖を加えないことが特徴。卵焼き器と呼ばれる専用の四角い鍋を使って焼く。フワフワで柔らかく、噛むと中からじゅーっと出汁がしみてくる焼き上がりが理想的。

  • 広島風お好み焼き

    具と生地を混ぜてから焼く「混ぜ焼き」の関西風お好み焼きに対して、「広島風」は小麦粉を水で溶いて薄く焼いた生地の上に、千切りにしたたっぷりのキャベツに豚肉、そば、割り広げた卵などを重ねて焼く“重ね焼き“にする。層になった具材を鉄板の熱を利用してじっくり「蒸し焼き」にすることで、キャベツの甘味を引き出し、素材の味や食感を高めるのが特徴。

和食のまとめを都道府県から探す