【奈良】肉料理で話題・人気のお店まとめ

奈良で肉料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。肉料理好きなら必見!焼肉、焼き鳥、鉄板焼きなどのまとめが9件掲載されています。人気上位のまとめは、「奈良市でA5ランク牛など人気の肉料理を味わえる店」、「橿原でシュラスコ、黒毛和牛など人気の肉料理を味わえる店」、「奈良市で国産鶏、比内地鶏など美味しい焼き鳥が味わえる人気店」などです。

肉料理の気になるワード

  • シロコロホルモン

    神奈川県厚木を代表するB級グルメ。豚の大腸である「シロ」を管状のまま一口大に切って焼くと「コロコロ」とした形状になることから名付けられた。厚木では養豚業が盛んで、処理したての生ホルモンが流通しているので、どの店も新鮮なうちに調理でき、独自の漬け込みダレ(主流は甘い味噌ダレ)でオリジナリティを出している。

  • 白レバー

    一般的にメス鶏の脂肪肝のこと。メス鶏は卵用とされることが多いため、メス鶏自体があまり市場に出回らないことに加え、その中でも1000羽に1羽と言われる希少部位なので希少価値が高い。白レバーは口どけの良さとレバー独特の匂いが少ないことから、地鶏のフォアグラとも呼ばれ、レバー嫌いでも白レバーだけはおいしいとハマる人が続出中。

  • チャンピオン牛

    全国各地で行なわれる食肉牛の品評会で、最優秀賞を受賞した牛に与えられる称号。全国規模の大会、またはブランド牛の出身地で行なわれるコンテストで優勝したチャンピオン牛の肉は、高額な値段で取引される。ブランド牛として名高い、松阪牛の品評会でのチャンピオン牛には1頭当たり5000万円もの高値が付くことも。

  • 短角牛

    肉本来の旨味とコクがあり、脂肪の少ない赤身の肉牛。筋肉の割合が多く、アミノ酸に富むことから短角牛は一躍脚光を浴びており、特に南部牛の血筋をひく岩手県の短角牛は、新しいブランド牛として注目されている。ストレスの少ない自然放牧で育てられる為、滋味のある良質な肉質が期待できる。

肉料理のまとめを都道府県から探す