【熊本】肉料理で話題・人気のお店まとめ

熊本で肉料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。肉料理好きなら必見!焼肉、鉄板焼き、焼き鳥などのまとめが6件掲載されています。人気上位のまとめは、「熊本市で熟成肉など人気の肉料理を味わえる店」、「熊本市で美味しい焼き鳥が味わえるお店」、「熊本市で本格鉄板焼きが味わえる店まとめ」などです。

肉料理の気になるワード

  • チャンピオン牛

    全国各地で行なわれる食肉牛の品評会で、最優秀賞を受賞した牛に与えられる称号。全国規模の大会、またはブランド牛の出身地で行なわれるコンテストで優勝したチャンピオン牛の肉は、高額な値段で取引される。ブランド牛として名高い、松阪牛の品評会でのチャンピオン牛には1頭当たり5000万円もの高値が付くことも。

  • シュラスコルール

    ウェイターが客席まできて目の前で切り分けてくれるスタイルのシュラスコだが、あらかじめコインや札が用意されているお店が多い。赤と緑の札が用意されたお店では、お肉がほしい場合は緑の札を、食事が終わったら赤札を出しておくなどお店独自のルールがある。

  • A5ランク牛

    国産牛の等級を表わすA4、A5などの記号は、社団法人・日本食肉格付協会の規定によるもの。A5は余分な脂がなく、肉質も最高級ランク。いわゆる“サシ”と呼ばれる脂肪の入り具合、色ツヤ、弾力や肉質のきめ細かさが評価の対象になっていて、霜降りが多い高級肉ほど、等級の数値も高くなる傾向がある。

  • 白レバー

    一般的にメス鶏の脂肪肝のこと。メス鶏は卵用とされることが多いため、メス鶏自体があまり市場に出回らないことに加え、その中でも1000羽に1羽と言われる希少部位なので希少価値が高い。白レバーは口どけの良さとレバー独特の匂いが少ないことから、地鶏のフォアグラとも呼ばれ、レバー嫌いでも白レバーだけはおいしいとハマる人が続出中。

肉料理のまとめを都道府県から探す