【京都】肉料理で話題・人気のお店まとめ

京都で肉料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。肉料理好きなら必見!ステーキ、焼肉、焼き鳥などのまとめが27件掲載されています。人気上位のまとめは、「京都駅で熟成肉など人気の肉料理を味わえる店」、「木屋町・先斗町で神戸牛、熟成肉など人気の肉料理を味わえる店」、「四条河原町周辺・寺町で神戸牛、熟成肉など人気の肉料理を味わえる店」などです。

肉料理の気になるワード

  • 黒毛和牛

    食用の牛肉は「和牛」「国産牛」「輸入肉」に分類されるが、黒毛和牛はそのうちの和牛に含まれる品種のひとつ。和牛は国内で飼育された牛の中でも、「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4品種だけが名乗れる名称だが、黒毛和牛は黒毛和種に相当するもの。鮮やかな紅色の肉とサシの入ったきめ細かな肉質が特徴。

  • シュラスコルール

    ウェイターが客席まできて目の前で切り分けてくれるスタイルのシュラスコだが、あらかじめコインや札が用意されているお店が多い。赤と緑の札が用意されたお店では、お肉がほしい場合は緑の札を、食事が終わったら赤札を出しておくなどお店独自のルールがある。

  • シロコロホルモン

    神奈川県厚木を代表するB級グルメ。豚の大腸である「シロ」を管状のまま一口大に切って焼くと「コロコロ」とした形状になることから名付けられた。厚木では養豚業が盛んで、処理したての生ホルモンが流通しているので、どの店も新鮮なうちに調理でき、独自の漬け込みダレ(主流は甘い味噌ダレ)でオリジナリティを出している。

  • 白レバー

    一般的にメス鶏の脂肪肝のこと。メス鶏は卵用とされることが多いため、メス鶏自体があまり市場に出回らないことに加え、その中でも1000羽に1羽と言われる希少部位なので希少価値が高い。白レバーは口どけの良さとレバー独特の匂いが少ないことから、地鶏のフォアグラとも呼ばれ、レバー嫌いでも白レバーだけはおいしいとハマる人が続出中。