【京都】肉料理で話題・人気のお店まとめ

京都で肉料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。肉料理好きなら必見!焼肉、ステーキ、焼き鳥などのまとめが27件掲載されています。人気上位のまとめは、「京都駅で熟成肉など人気の肉料理を味わえる店」、「四条烏丸・烏丸御池で近江牛、ヒレステーキなど人気の肉料理を味わえる店」、「伏見・醍醐で熟成肉など人気の肉料理を味わえる店」などです。

肉料理の気になるワード

  • シロコロホルモン

    神奈川県厚木を代表するB級グルメ。豚の大腸である「シロ」を管状のまま一口大に切って焼くと「コロコロ」とした形状になることから名付けられた。厚木では養豚業が盛んで、処理したての生ホルモンが流通しているので、どの店も新鮮なうちに調理でき、独自の漬け込みダレ(主流は甘い味噌ダレ)でオリジナリティを出している。

  • 白レバー

    一般的にメス鶏の脂肪肝のこと。メス鶏は卵用とされることが多いため、メス鶏自体があまり市場に出回らないことに加え、その中でも1000羽に1羽と言われる希少部位なので希少価値が高い。白レバーは口どけの良さとレバー独特の匂いが少ないことから、地鶏のフォアグラとも呼ばれ、レバー嫌いでも白レバーだけはおいしいとハマる人が続出中。

  • 1ポンドステーキ

    文字どおり、1ポンド(約450g)のビッグサイズの牛肉をステーキにしたもの。赤身肉を極厚にカットしたステーキは、皿からはみ出さんばかりの迫力。オージービーフやカナダビーフなどの輸入肉を使うことが多く、ボリュームの割に値段は手頃なところがウケている。肉汁たっぷりの1ポンドハンバーグも大好評。

  • 熟成肉

    一定の温度、湿度で保存して熟成させた肉。肉を寝かすことでたんぱく質が旨み成分のアミノ酸に分解され、クリーミーで甘い風味になる。焼いたときに出る、木の実のような独特の香りと味わいが魅力。2010年ごろから取り扱う店が急増し、定番のステーキや焼肉、フレンチ・イタリアンなど幅広い業態で提供されている。