【京都】肉料理で話題・人気のお店まとめ

京都で肉料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。肉料理好きなら必見!焼肉、ステーキ、焼き鳥などのまとめが27件掲載されています。人気上位のまとめは、「京都駅で熟成肉、神戸牛など人気の肉料理を味わえる店」、「四条烏丸・烏丸御池で近江牛、ヒレステーキなど人気の肉料理を味わえる店」、「【絶品】京都駅で黒毛和牛、国産黒毛和牛などうまい焼肉店まとめ」などです。

肉料理の気になるワード

  • Tボーンステーキ

    その名の通り、T字型の骨付き肉を焼いたステーキのこと。T字を挟んだ片側の肉はサーロイン、もう一方はヒレ。ステーキ肉では人気を二分する2つの部位を1度に楽しめることから、ステーキの王様と呼ばれることも。正確には、T字型でもサーロインが多いものを指し、フィレの割合が多い場合は「ポーターハウス」と呼ぶこともある。

  • 1ポンドステーキ

    文字どおり、1ポンド(約450g)のビッグサイズの牛肉をステーキにしたもの。赤身肉を極厚にカットしたステーキは、皿からはみ出さんばかりの迫力。オージービーフやカナダビーフなどの輸入肉を使うことが多く、ボリュームの割に値段は手頃なところがウケている。肉汁たっぷりの1ポンドハンバーグも大好評。

  • シュラスコ

    シュラスコは、ブラジルを代表する肉料理のひとつ。牛肉や豚肉、鶏肉パイナップルを鉄串に刺し通し、程よく焼けた頃合いの具材をが客席まで運んでくれ、目の前で食べたい量を切り分けてもらえるスタイル。本場ブラジルの専門店では時間無制限の食べ放題が基本。

  • 白レバー

    一般的にメス鶏の脂肪肝のこと。メス鶏は卵用とされることが多いため、メス鶏自体があまり市場に出回らないことに加え、その中でも1000羽に1羽と言われる希少部位なので希少価値が高い。白レバーは口どけの良さとレバー独特の匂いが少ないことから、地鶏のフォアグラとも呼ばれ、レバー嫌いでも白レバーだけはおいしいとハマる人が続出中。