【京都】肉料理で話題・人気のお店まとめ

京都で肉料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。肉料理好きなら必見!焼肉、ステーキ、焼き鳥などのまとめが27件掲載されています。人気上位のまとめは、「京都駅で熟成肉など人気の肉料理を味わえる店」、「四条河原町周辺・寺町で神戸牛、熟成肉など人気の肉料理を味わえる店」、「山科で国産鶏、薩摩地鶏など美味しい焼き鳥が味わえる人気店」などです。

肉料理の気になるワード

  • 短角牛

    肉本来の旨味とコクがあり、脂肪の少ない赤身の肉牛。筋肉の割合が多く、アミノ酸に富むことから短角牛は一躍脚光を浴びており、特に南部牛の血筋をひく岩手県の短角牛は、新しいブランド牛として注目されている。ストレスの少ない自然放牧で育てられる為、滋味のある良質な肉質が期待できる。

  • 備長炭

    焼き鳥に欠かせない木炭の代表格といえば「備長炭」。プロの料理人に選ばれる理由は、着火後の火の回りが早く遠赤外線効果で外側はパリッと、内側はふっくらの理想的な焼き上がりになるため。炎や煙が少なく素材に匂いや雑味がつきにくというメリットもあります。中でも備長炭の発祥である紀州備長炭は最高級のブランド木炭として有名です。

  • 黒毛和牛

    食用の牛肉は「和牛」「国産牛」「輸入肉」に分類されるが、黒毛和牛はそのうちの和牛に含まれる品種のひとつ。和牛は国内で飼育された牛の中でも、「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4品種だけが名乗れる名称だが、黒毛和牛は黒毛和種に相当するもの。鮮やかな紅色の肉とサシの入ったきめ細かな肉質が特徴。

  • A5ランク牛

    国産牛の等級を表わすA4、A5などの記号は、社団法人・日本食肉格付協会の規定によるもの。A5は余分な脂がなく、肉質も最高級ランク。いわゆる“サシ”と呼ばれる脂肪の入り具合、色ツヤ、弾力や肉質のきめ細かさが評価の対象になっていて、霜降りが多い高級肉ほど、等級の数値も高くなる傾向がある。