【大阪】鍋料理で話題・人気のお店まとめ

大阪で鍋料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。鍋料理好きなら必見!しゃぶしゃぶ、もつ鍋などのまとめが71件掲載されています。人気上位のまとめは、「天王寺・阿倍野で外さない博多もつ鍋が美味しい店まとめ」、「梅田・大阪駅で注目!しゃぶしゃぶが美味しいお店」、「梅田・大阪駅の火鍋、薬膳火鍋などがおいしい店まとめ」などです。

鍋料理の気になるワード

  • 博多もつ鍋

    福岡を代表する郷土料理のひとつ。牛の小腸、ハツなどのホルモン類を、醤油や味噌で味付けした“だし”に入れ、ニンジンやニラ、キャベツなどの野菜とともに煮て作る。昆布や鰹節を使った和風だしのほか、よりコクのある鶏ガラベースで水炊き風に仕立てるレシピも。モツの臭み消しとして、ニンニクや唐辛子を入れるのがお約束。

  • モツ

    牛や豚、鶏などの内臓のことを指す。腸や胃などは白モツ、心臓や肝臓は赤モツと分けて呼ばれることがある。いわゆる「ホルモン」とモツはほぼ同義語だが、もともと料理に使わず捨てていたため、大阪弁のほおるもん(捨てるもの)が転じて、ホルモンと呼ばれるようになったとの説がある。

  • 水炊き

    博多名物として知られる鍋料理。鶏ガラや手羽を水から煮立たせ、白濁した出汁に仕立てるのが本場流。骨ごとぶつ切りにした鶏もも肉を加え、キャベツやニラ、ネギ、春菊などの野菜類と一緒に、ポン酢と柚子胡椒で食べる。地方によっては、鶏だんごや高菜漬けを加えるレシピも。鍋の後には、濃厚な旨味のスープで〆の雑炊を味わうのが鉄板。

  • 焼きしゃぶ

    しゃぶしゃぶ用の肉を、焼き色が付く程度のレア状態に炙った料理。焼肉としゃぶしゃぶが、一度に両方味わえると近年話題に。表面だけを軽く焼くことにより肉の旨味が閉じ込められるため、肉の柔らかさとジューシーな味わいが楽しめる。濃厚な味付けの漬けダレで食べる焼き肉と違って、塩やポン酢、わさびなどで食べる場合が多い。

鍋料理のまとめを都道府県から探す