【京都】魚料理で話題・人気のお店まとめ

京都で魚料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。魚料理好きなら必見!刺身・鮮魚などのまとめが13件掲載されています。人気上位のまとめは、「厳選!京都駅の海鮮丼、うなぎなど魚料理の店まとめ」、「京都駅で新鮮で美味しい刺身が味わえるお店」、「厳選!四条烏丸・烏丸御池の熟成魚、うになど魚料理の店まとめ」などです。

魚料理の気になるワード

  • 西京焼き

    京都伝統の調味料「西京みそ」を使った魚料理。甘口の白みそである西京みそに酒、みりんなどを加えて漬け床を作り、魚の切り身を漬け込んで焼く。鰆、銀ダラ、ムツなどの魚のほか、肉や野菜、豆腐を漬け込んでもおいしい。味噌に漬け込むことで素材独特の臭みが消え、はんなりと上品な甘みが、ご飯にもお酒にも合う。

  • 鰻の蒲焼き

    鰻の調理法の一つ。背開きにして串を打った鰻に、醤油、みりん、酒を合わせたタレを塗って焼く。老舗ではこのタレを「秘伝のタレ」として、代々継ぎ足しながら味に深みを加えている店が多い。関東風は素焼きの後に蒸して脂を落としタレをからめ焼く方法が主流。関西風では腹開きにした後そのまま串に打って焼くため、こってりとした味わいになる。

  • 岩牡蠣

    春から夏に旬を迎える大型の牡蠣。殻が厚く、大きいものでは20cmを超えるものも。身もぷっくりと厚く、独特の渋みを含んだ甘味が特徴。生食が好まれるが、焼き牡蠣や蒸し牡蠣にしてもおいしい。以前は、産地が日本海側の一部エリアに限られていたが、今では北から南に至る太平洋沿岸でも水揚げされている。

  • ブランド牡蠣

    近年急増しているブランド牡蠣。有名なところだと、北海道厚岸の「カキえもん」、伊勢志摩の「的矢かき」などがあり、産地によって触感、大きさが異なり、雑味が少なく生食向きのもの、あっさりしていて加熱向きのものなど味の特徴も様々。産地別の食べ比べメニューを提供する店もあるので、牡蠣好きなら是非トライしてみてほしい。

魚料理のまとめを都道府県から探す