【京都】魚料理で話題・人気のお店まとめ

京都で魚料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。魚料理好きなら必見!刺身・鮮魚、牡蠣などのまとめが15件掲載されています。人気上位のまとめは、「京都駅で新鮮で美味しい刺身が味わえるお店」、「山科で産地直送鮮魚など新鮮で美味しい刺身が味わえるお店」、「厳選!山科の本まぐろ、牡蠣など魚料理の店まとめ」などです。

魚料理の気になるワード

  • 鯖の味噌煮

    鯖の味噌煮とは、サバの切り身を味噌などの調味料で煮込んだ魚料理。味の濃い味噌と砂糖、酒、みりん、生姜などでサバを煮込むというのが基本的な調理法となる。日本のサバ料理として代表的なメニューのひとつであり、「白米との相性が良いおかず」として人気が高い。

  • 金目鯛

    【白身ながら脂ののりが最高】主に伊豆半島や房総半島、四国などで水揚げされる高級魚。美しい紅色の皮と、大きな目玉が特徴。旬は冬。特に脂がのってくる12月~2月頃。ほろりと上品な身のやわらかさを味わうには、シンプルな煮付けや酒蒸しが良い。白身の割に濃厚な旨味もあり、新鮮なものなら刺身やしゃぶしゃぶにもなる。

  • ひれ酒

    ひれ酒とは日本酒の飲み方のひとつで、フグなど魚のひれをあぶり焼いて70度ほどにした燗酒にいれたもの。ひれをあぶった香ばしさやふぐのだしが日本酒に染み出て、格別の味わいになる。ふぐ料理のコースの最初に冷やしたひれ酒を食前酒として提供されることも。

  • お造り

    生の魚介類を食べやすい大きさに切った料理。いわゆる「刺身」と同義語。武家社会では「切る」という表現が忌み言葉として嫌われたため、関東では「刺身」、関西では「お造り」と呼ばれるようになったといわれています。鯛の松皮造りや昆布〆など、調理や盛り付けに凝った会席料理のメニューでは「お造り」と呼ばれることが多いです。

魚料理のまとめを都道府県から探す