【大阪】魚料理で話題・人気のお店まとめ

大阪で魚料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。魚料理好きなら必見!刺身・鮮魚、ふぐ、牡蠣などのまとめが83件掲載されています。人気上位のまとめは、「厳選!梅田・大阪駅の熟成魚、伊勢海老など魚料理の店まとめ」、「厳選!本町・堺筋本町のうに、海鮮焼きなど魚料理の店まとめ」、「岸和田・和泉・泉佐野で産地直送鮮魚、活穴子など新鮮で美味しい刺身が味わえるお店」などです。

魚料理の気になるワード

  • てっさ/てっちり

    「てっさ」とはふぐの刺身、「てっちり」はふぐちりのことで、主に西日本で使われている言葉。ふぐは猛毒を持ち、当たればすぐに死んでしまうことから江戸時代は「テッポウ(鉄砲)」と呼ばれていたため、刺身は「鉄の刺身」、さらには「てっさ」と略されるようになった。

  • 鰻の蒲焼き

    鰻の調理法の一つ。背開きにして串を打った鰻に、醤油、みりん、酒を合わせたタレを塗って焼く。老舗ではこのタレを「秘伝のタレ」として、代々継ぎ足しながら味に深みを加えている店が多い。関東風は素焼きの後に蒸して脂を落としタレをからめ焼く方法が主流。関西風では腹開きにした後そのまま串に打って焼くため、こってりとした味わいになる。

  • 鯖の味噌煮

    鯖の味噌煮とは、サバの切り身を味噌などの調味料で煮込んだ魚料理。味の濃い味噌と砂糖、酒、みりん、生姜などでサバを煮込むというのが基本的な調理法となる。日本のサバ料理として代表的なメニューのひとつであり、「白米との相性が良いおかず」として人気が高い。

  • 土用の丑の日

    なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるのか。「土用」は、立春・立夏・立秋・立冬の前の各18日間を呼び、各季節の変わり目で体が疲れやすくなる。そのため、昔から夏の土用には「う」のつく食べもの(瓜や梅など)を食べる習慣があり、うなぎが食べられるようになったといわれている。

魚料理のまとめを都道府県から探す