【大阪】魚料理で話題・人気のお店まとめ

大阪で魚料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。魚料理好きなら必見!刺身・鮮魚、ふぐ、牡蠣などのまとめが91件掲載されています。人気上位のまとめは、「厳選!梅田・大阪駅の熟成魚、伊勢海老など魚料理の店まとめ」、「なんば(難波)で美味しい牡蠣が食べられる話題のお店」、「厳選!岸和田・和泉・泉佐野の海鮮丼、いくら丼など魚料理の店まとめ」などです。

魚料理の気になるワード

  • 岩牡蠣

    春から夏に旬を迎える大型の牡蠣。殻が厚く、大きいものでは20cmを超えるものも。身もぷっくりと厚く、独特の渋みを含んだ甘味が特徴。生食が好まれるが、焼き牡蠣や蒸し牡蠣にしてもおいしい。以前は、産地が日本海側の一部エリアに限られていたが、今では北から南に至る太平洋沿岸でも水揚げされている。

  • 土用の丑の日

    なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるのか。「土用」は、立春・立夏・立秋・立冬の前の各18日間を呼び、各季節の変わり目で体が疲れやすくなる。そのため、昔から夏の土用には「う」のつく食べもの(瓜や梅など)を食べる習慣があり、うなぎが食べられるようになったといわれている。

  • 鰻の蒲焼き

    鰻の調理法の一つ。背開きにして串を打った鰻に、醤油、みりん、酒を合わせたタレを塗って焼く。老舗ではこのタレを「秘伝のタレ」として、代々継ぎ足しながら味に深みを加えている店が多い。関東風は素焼きの後に蒸して脂を落としタレをからめ焼く方法が主流。関西風では腹開きにした後そのまま串に打って焼くため、こってりとした味わいになる。

  • お造り

    生の魚介類を食べやすい大きさに切った料理。いわゆる「刺身」と同義語。武家社会では「切る」という表現が忌み言葉として嫌われたため、関東では「刺身」、関西では「お造り」と呼ばれるようになったといわれています。鯛の松皮造りや昆布〆など、調理や盛り付けに凝った会席料理のメニューでは「お造り」と呼ばれることが多いです。

魚料理のまとめを都道府県から探す