【神奈川】魚料理で話題・人気のお店まとめ

神奈川で魚料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。魚料理好きなら必見!刺身・鮮魚、牡蠣、ふぐなどのまとめが49件掲載されています。人気上位のまとめは、「厳選!横浜駅のうにしゃぶ、活イカ姿造りなど魚料理の店まとめ」、「厳選!川崎の海鮮丼、のどぐろなど魚料理の店まとめ」、「厳選!平塚の浜焼きなど魚料理の店まとめ」などです。

魚料理の気になるワード

  • てっさ/てっちり

    「てっさ」とはふぐの刺身、「てっちり」はふぐちりのことで、主に西日本で使われている言葉。ふぐは猛毒を持ち、当たればすぐに死んでしまうことから江戸時代は「テッポウ(鉄砲)」と呼ばれていたため、刺身は「鉄の刺身」、さらには「てっさ」と略されるようになった。

  • 金目鯛

    【白身ながら脂ののりが最高】主に伊豆半島や房総半島、四国などで水揚げされる高級魚。美しい紅色の皮と、大きな目玉が特徴。旬は冬。特に脂がのってくる12月~2月頃。ほろりと上品な身のやわらかさを味わうには、シンプルな煮付けや酒蒸しが良い。白身の割に濃厚な旨味もあり、新鮮なものなら刺身やしゃぶしゃぶにもなる。

  • 岩牡蠣

    春から夏に旬を迎える大型の牡蠣。殻が厚く、大きいものでは20cmを超えるものも。身もぷっくりと厚く、独特の渋みを含んだ甘味が特徴。生食が好まれるが、焼き牡蠣や蒸し牡蠣にしてもおいしい。以前は、産地が日本海側の一部エリアに限られていたが、今では北から南に至る太平洋沿岸でも水揚げされている。

  • 土用の丑の日

    なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるのか。「土用」は、立春・立夏・立秋・立冬の前の各18日間を呼び、各季節の変わり目で体が疲れやすくなる。そのため、昔から夏の土用には「う」のつく食べもの(瓜や梅など)を食べる習慣があり、うなぎが食べられるようになったといわれている。