【東京】魚料理で話題・人気のお店まとめ

東京で魚料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。魚料理好きなら必見!刺身・鮮魚、牡蠣、ふぐなどのまとめが176件掲載されています。人気上位のまとめは、「厳選!東京駅(八重洲)の活イカ姿造り、のどぐろなど魚料理の店まとめ」、「東京駅(八重洲)で産地直送鮮魚など新鮮で美味しい刺身が味わえるお店」、「厳選!池袋ののどぐろ、うにしゃぶなど魚料理の店まとめ」などです。

魚料理の気になるワード

  • 鰻の蒲焼き

    鰻の調理法の一つ。背開きにして串を打った鰻に、醤油、みりん、酒を合わせたタレを塗って焼く。老舗ではこのタレを「秘伝のタレ」として、代々継ぎ足しながら味に深みを加えている店が多い。関東風は素焼きの後に蒸して脂を落としタレをからめ焼く方法が主流。関西風では腹開きにした後そのまま串に打って焼くため、こってりとした味わいになる。

  • ひれ酒

    ひれ酒とは日本酒の飲み方のひとつで、フグなど魚のひれをあぶり焼いて70度ほどにした燗酒にいれたもの。ひれをあぶった香ばしさやふぐのだしが日本酒に染み出て、格別の味わいになる。ふぐ料理のコースの最初に冷やしたひれ酒を食前酒として提供されることも。

  • 岩牡蠣

    春から夏に旬を迎える大型の牡蠣。殻が厚く、大きいものでは20cmを超えるものも。身もぷっくりと厚く、独特の渋みを含んだ甘味が特徴。生食が好まれるが、焼き牡蠣や蒸し牡蠣にしてもおいしい。以前は、産地が日本海側の一部エリアに限られていたが、今では北から南に至る太平洋沿岸でも水揚げされている。

  • サバ缶

    今や缶詰バーができる程、缶詰人気は高かったものの、人気テレビ番組での紹介によりサバ缶ブームが到来。おつまみにもメインのおかずにもなるサバ缶がうけ、生産数量ではツナ缶を抜き首位に躍り出る。高校生が開発したサバ缶が宇宙食に認定されるなど、可能性を広げている。

魚料理のまとめを都道府県から探す