【千葉】魚料理で話題・人気のお店まとめ

千葉で魚料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。魚料理好きなら必見!刺身・鮮魚、牡蠣、鰻(うなぎ)などのまとめが22件掲載されています。人気上位のまとめは、「厳選!千葉駅・蘇我のうに、牡蠣など魚料理の店まとめ」、「厳選!本八幡の帆立、三陸産生牡蠣など魚料理の店まとめ」、「厳選!柏のうに、うに丼など魚料理の店まとめ」などです。

魚料理の気になるワード

  • 岩牡蠣

    春から夏に旬を迎える大型の牡蠣。殻が厚く、大きいものでは20cmを超えるものも。身もぷっくりと厚く、独特の渋みを含んだ甘味が特徴。生食が好まれるが、焼き牡蠣や蒸し牡蠣にしてもおいしい。以前は、産地が日本海側の一部エリアに限られていたが、今では北から南に至る太平洋沿岸でも水揚げされている。

  • 地魚料理

    地魚とは、土地土地の近海で水揚げされる魚介類のこと。例えば東京湾の穴子やコハダ、相模湾のマアジや生しらす、駿河湾のサクラエビなどが有名。新鮮な地魚を味わうなら、漁場近くの市場や食堂まで出かけるのが理想的。ただ最近では、街中の居酒屋でも、朝獲れの地魚を刺身や焼き物、煮物、天ぷらなどで供する店が増えている。

  • サバ缶

    今や缶詰バーができる程、缶詰人気は高かったものの、人気テレビ番組での紹介によりサバ缶ブームが到来。おつまみにもメインのおかずにもなるサバ缶がうけ、生産数量ではツナ缶を抜き首位に躍り出る。高校生が開発したサバ缶が宇宙食に認定されるなど、可能性を広げている。

  • 土用の丑の日

    なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるのか。「土用」は、立春・立夏・立秋・立冬の前の各18日間を呼び、各季節の変わり目で体が疲れやすくなる。そのため、昔から夏の土用には「う」のつく食べもの(瓜や梅など)を食べる習慣があり、うなぎが食べられるようになったといわれている。

魚料理のまとめを都道府県から探す