【東京】バー・お酒で話題・人気のお店まとめ

東京でバー・お酒をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。バー・お酒好きなら必見!日本酒、ワイン、ビールなどのまとめが290件掲載されています。人気上位のまとめは、「東京駅(八重洲)でクラフトビールなどが美味しく飲める店」、「新橋にあるうまい日本酒が飲める店(日本酒バー)」、「池袋でクラフトビールなどが美味しく飲める店」などです。

バー・お酒の気になるワード

  • プレミアムテキーラ

    メキシコ特産の蒸留酒テキーラの中でも、上級クラスのものを指す。リュウゼツランの樹液を煮詰めたアガベシロップ100%で作られたものだけが呼ばれ、熟成年数によってブランコ、レポサド、アニェホなどの呼称がある。欧米セレブご用達の酒として知られ、ホワイトオーク樽で3年以上熟成させるリザーブクラスになると、1本数十万円の価格がつくことも。

  • シャンパーニュ

    スパークリングワインの代名詞「シャンパン」の正式名称。フランス北東部のシャンパーニュ地方で、伝統的な瓶内二次発酵により造られた発泡ワインだけが「シャンパーニュ」を名乗れる。ブドウ品種はピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネの3種類のみ。食前酒のイメージが強いが、どんな素材とも合わせやすく、和食との相性も抜群。

  • 進化系「日本酒」

    日本酒はアルコール度数が高い為、苦手なイメージを持つ人が少なくない。そんな日本酒に飲みやすいものが増えてきたと話題になっている。代表的なのが、スパークリング日本酒。シュワシュワとした軽やかな口当たりが特徴的で、女性を中心に人気。また、日本酒と甘めのリキュールで割った日本酒カクテルなど、様々な飲み方が登場している。

  • 泡盛

    米を原料とする乙類焼酎の一種で、沖縄県だけで生産される蒸留酒。県外の米焼酎との大きな違いは、インディカ米と黒麹を原料に使っていること。水と酵母を加えて発酵させる「もろみ」の仕込みを1回しか行わないのも、泡盛ならではの特徴。アルコール度数が低めのライトタイプから、かめで寝かせた熟成酒まで、バリエーションも色々。

バー・お酒のまとめを都道府県から探す