【東京】バー・お酒で話題・人気のお店まとめ

東京でバー・お酒をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。バー・お酒好きなら必見!ワイン、日本酒、ビールなどのまとめが303件掲載されています。人気上位のまとめは、「東京駅(八重洲)でクラフトビールなどが美味しく飲める店」、「有楽町・日比谷でクラフトビールなどが美味しく飲める店」、「立川でクラフトビールなどが美味しく飲める店」などです。

バー・お酒の気になるワード

  • ベルギービール

    【色、香り、味わいのバリエーションが豊富】ベルギーは欧州屈指のビール王国。特に「エール」と呼ばれる上面発酵ビールの種類が豊富で、自然発酵ビール「ランビック」のような個性派も。スパイスやフルーツを原料に加えたり、樽で熟成させたりと多彩なレシピがあり、他国のビールにはない色や香り、味わいが楽しめる。

  • 泡盛

    米を原料とする乙類焼酎の一種で、沖縄県だけで生産される蒸留酒。県外の米焼酎との大きな違いは、インディカ米と黒麹を原料に使っていること。水と酵母を加えて発酵させる「もろみ」の仕込みを1回しか行わないのも、泡盛ならではの特徴。アルコール度数が低めのライトタイプから、かめで寝かせた熟成酒まで、バリエーションも色々。

  • 進化系「日本酒」

    日本酒はアルコール度数が高い為、苦手なイメージを持つ人が少なくない。そんな日本酒に飲みやすいものが増えてきたと話題になっている。代表的なのが、スパークリング日本酒。シュワシュワとした軽やかな口当たりが特徴的で、女性を中心に人気。また、日本酒と甘めのリキュールで割った日本酒カクテルなど、様々な飲み方が登場している。

  • 芋焼酎

    サツマイモを原料とした本格焼酎。主要産地は鹿児島県と宮崎県。コガネセンガン、ムラサキマサリなど、さまざまな品種が原料に使われ、それぞれに特有の性質や香りがある。以前は「クサい」と敬遠されやすい焼酎の代名詞だったが、近年は原料へのこだわりや技術改良でより洗練された味わいに。

バー・お酒のまとめを都道府県から探す